床・フロアのデザイン・レイアウト事例

オフィスデザインをする上でとても重要なポイントが床のデザインです。最近ではオフィスデザインの際にフローリングを導入する企業が増えてきました。オフィスで一日を過ごすことが多くなってきているのでしょうか。会議室やリフレッシュスペース・受付など、共有施設にナチュラルな素材を取り入れられるケースが多くなっています。床が変わると見た目の視覚もそうですが、踏み心地などの感覚が気分を変化させてくれます。フローリングに限らず、多くの商業施設用の床材も市場に出てくるようになり選択肢が増えてきました。WORK KITでも多くの床材を利用してオフィスデザインをしておりますので、いくつか事例をご紹介させて頂きます。

  • 株式会社日本エスコン床・フロア

    高級感をつくるヘリンボーン張り

    フローリングを直線的ではなく、ヘリンボーン張りすることで空間に動きをつくり高級感を演出することができました。直線的に貼っていくよりは材料を多く取る必要があるので、少し割高になりますが、仕上がった時の床の存在感は空間演出に大きな影響を与えてくれます。

  • 株式会社ホールマン床・フロア

    モルタル仕上げで空間をクールに演出

    オフィスデザインでもモルタル仕上げが増えてきました。空間がとてもクールになります。入居した際にOAフロアーの場合はOA床を外して下地を入れるなど手間のかかる仕上げなんです。ビルの微妙な揺れなどで反応してひび割れすることも。劣化等によるひび割れの気になる方は避けたほうが良いかも知れません。もちろんメンテナンスはできますが、ひび割れも風合いのひとつです。

  • 株式会社KLab床・フロア
    株式会社KLab床・フロア

    カーペットで様々な表現をする。

    タイルカーペットに印刷した例です。印刷したカーペットでオフィス内に道路をつくり単調になりがちなオフィス空間に活気や動きをつくりました。また印刷までしなくても同系色の色を織り交ぜることで遊びをつくることができます。毎日を過ごすのが楽しくなるような空間です。人工素材だからこそできる空間演出の仕方です。

  • 株式会社アトラエ床・フロア

    素地を活かした床

    オフィスビルの躯体部分となる床に研磨をかけてオイルコーティングをして仕上げた床です。塗装などで手を加えずに本来の荒々しい素材感を出しています。街の裏手にあるBARやカフェのような雰囲気となりました。

  • 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科床・フロア

    人工の木目タイルでもリアルです

    木目の塩ビタイルを斜め張りさせて頂きました。最近の塩ビタイルは種類も豊富で、凹凸のある素材も多く、一眼では無垢材との見分けが難しくなってきました。価格も安価で施工性も良く、オフィスデザインでは多様されています。ちなみにタイルカーペットとのコントラストが、よりお互いの領域を引き立てているようです。

  • ECマーケティング株式会社床・フロア

    石タイルでつくる床は目に見える質感をつくります

    オフィスエントランスから会議室にかけて人工石でデザインしました。白タイルは見た目にわかる素材の高級感をひきだし、斜めのラインでカットした木目柄の石タイルを使うことでシャープさも出す事ができました。白い床ではあるものの石素材という事もあり、雨の日の後はすぐに拭きとれる事など清掃メンテナンスは抜群に良いです。

  • 株式会社ユーコム床・フロア
    株式会社ユーコム床・フロア

    フローリングのようなタイルカーペット

    タイルカーペットをフローリングのようにプリントしました。こうすればOAフロアーの上からでも気にせずに施工可能です。配線の取り出しも気にせず大きなコストをかけずにフローリングのような風合いを演出できます。写真のような木目の染色感を表現する事も出来るので、変わったフローリングの風合いを見せる事ができました。