フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》のデザイン・レイアウト事例

オフィスデザインのご提案をさせて頂くなかで、とてもリクエストが多くなってきているのがフリースペースを作りたいというご依頼。社内利用としてはリフレッシュや集中作業、簡単なミーティングを兼ねたスペースとして。対外的なご要望としては会議室ほどの個室ではなく、社内外におけるミーティングラウンジとして活用というものが多くなってきております。様々なリクエストにお答えしたワークキットの事例をご紹介させて頂きます。

  • 日本クロージャー株式会社フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》
    日本クロージャー株式会社フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》
    日本クロージャー株式会社フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》

    オフィスにサラッと佇む場

    ワークスペースの中でサラッと立ち寄れる場所。自然に集まる場所だからこそ自然な会話が生まれます。ブックコーナーや窓側にリラックスできる席も用意してあるので、ランチや作業の合間に少し安らぐ事のできるサラッとしたエリアだけどとても重要なスポットとなりました。

  • 株式会社ENERGIZEフリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》
    株式会社ENERGIZEフリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》

    アイデアを作り出すクリエイティブスペース

    試作づくりがすぐ可能な工具棚や社内でのランチができるようにコールドテーブルなどを用意している開発ラウンジ。社内外を問わずクリエイターが集まっての試作やプレゼンTション、勉強会など様々なイベントを実施できるスペースとなっております。

  • 株式会社スマートライフフリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》
    株式会社スマートライフフリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》
    株式会社スマートライフフリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》

    女性スタッフの多いリフレッシュスペースはアートな空間!?

    女性スタッフも多いこちらの会社では、木製の家具やテクスチャーが多く使われるやさしいテイストの空間となりました。また壁面のイラストや展示されている本などがコーディネートされており、アートを感じる事ができる空間です。ブランコやダーツなどの遊具も設置されている遊び心も詰まった環境となりました。

  • UIEvolution株式会社フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》
    UIEvolution株式会社フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》

    素材と機能を備えたメリハリのあるフリースペース

    ワークスペースに隣接する社内カフェラウンジはそれなりの面積を確保した上で質感と機能を重視した空間となっています。プロジェクターやモニターなどの映像設備を適所に配置する事で、何名でも飛び入りで集まる事のできるミーティングエリアに早変わり。もちろん対外的なイベントラウンジとしても活用可能です。ミーティングもリラックスタイムも臨機応変に対応できるオンオフの働き方に対応ができる環境です。

  • KLab株式会社 ( Laboratory Office )フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》
    KLab株式会社 ( Laboratory Office )フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》

    ラボラトリーオフィスだからこそ必要な場

    エンジニアの集まるラボオフィス。プロジェクトによって人数が可変し素早く対応することに対応可能なオープンミーティングラウンジを設置。時には窓を眺めながらリラックスできるソファーやカウンターも用意しました。まとまった場所に配置するのではなく、オフィスの様々な場所にこうしたスポットがあることでオフィス内に自然と動きが生まれたり、面積効率も良くなったりします。

  • NHN テコラス株式会社フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》
    NHN テコラス株式会社フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》

    本格カフェを併設する社内ラウンジ

    福利厚生の施策として社内に本格的なカフェを運営してる事から様々なスタイルの施設を用意しています。メインとなるランチの利用はもちろんの事、ランチタイム以外はカフェとして社内ミーティングや集中作業に活用されています。会議室が予約で埋まっている時でも、外出してカフェを探しての打ち合わせをする事なく利用できる便利なスポットです。

  • 株式会社ベクトルフリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》
    株式会社ベクトルフリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》
    株式会社ベクトルフリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》

    スタジオラウンジは多目的な場としても

    映像・音響を利用したPRラウンジを活用する事からイベント時はプレスリリースの場や撮影の場として利用し、通常は社内ミーティングや個別作業のできる社内外の多目的ラウンジとして活用されています。大きなラウンジだからできる様々な形式のチェアーやソファーが揃っているところが特徴です。

  • イー・フォース株式会社フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》
    イー・フォース株式会社フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》

    勉強会はリラックスできる場に

    開発者を集めたセミナーや勉強会を定期的に実施する事から、通常のセミナースタイルではなくもっとリラックスしたクリエイティブな環境でやってみようというアイデアから生まれたラウンジ。昭和・クラッシックをテーマに和洋問わず、当時の家具やテクスチャーた空間です。ミーティングテーブルとしても利用する復刻したテーブルゲームは空間を和ませるアイテムです。

  • 株式会社一蔵フリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》

    オープンスタイルな空間で心地よく

    ワークスペースとつながる多目的ラウンジは社内外どちらにも利用する事が可能な場。オープンな空間ですが床や天井の質感を変える事で社内との間仕切りを作らなくとも独立した空間と感じるようになりました。その日の打ち合わせの内容や気分に合わせて集まる場所を選んで利用することのできる自由な場です。

  • Quipper Ltd Japan Branch Officeフリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》

    DIYで作るリフレッシュスペース

    タイルカーペットや腰壁の塗装は自分たちで塗ったり張ったり。収納棚もみかん箱を組み合わせたりしています。時折メンバーの子供も来る環境なので什器の高さに気をつけたり、キッズチェアーを用意しています。そんなこともあってか、ここは靴を脱いで過ごすちょっとしたスペースなんです。

  • 株式会社アトラエフリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》

    存在感のあるカウンターがつくる多目的ラウンジ

    この空間のメインアイテムとなる大きなカウンターはワークスペースとつながるこのフリースペースとの雰囲気の違いを感じさせてくれるアイテム。ランチはもちろん、自席以外での個別作業にも多く使われます。この存在感のあるカウンターを活用して社内イベントなどにも使われる空間となっています。

  • 株式会社リクルートテクノロジーズフリースペース《リフレッシュ・多目的エリア》

    ブレイク&ミーティングなスポット

    ワークスペースにグリーンを中心にデザインされたブレイクスポットを設置。ちょっとした休憩などの利用はもちろんですが自然とブレイク中のミーティングへと導かれてしまうエリアです。