株式会社アトラエ vol.3

  • 株式会社アトラエ vol.3 Work Lounge デザイン・レイアウト事例

    Work Lounge


  • 株式会社アトラエ vol.3 Work Lounge_2 デザイン・レイアウト事例

    Work Lounge_2


  • 株式会社アトラエ vol.3 Sofa Space デザイン・レイアウト事例

    Sofa Space


  • 株式会社アトラエ vol.3 Corridor デザイン・レイアウト事例

    Corridor


  • 株式会社アトラエ vol.3 Big Counter デザイン・レイアウト事例

    Big Counter


  • 株式会社アトラエ vol.3 Big Counter_2 デザイン・レイアウト事例

    Big Counter_2


  • 株式会社アトラエ vol.3 Work Lounge_3 デザイン・レイアウト事例

    Work Lounge_3


  • 株式会社アトラエ vol.3 Meeting Room デザイン・レイアウト事例

    Meeting Room


  • 株式会社アトラエ vol.3 Meeting Room_2 デザイン・レイアウト事例

    Meeting Room_2


  • 株式会社アトラエ vol.3 Seminar Room デザイン・レイアウト事例

    Seminar Room


  • 株式会社アトラエ vol.3 9F Entrance デザイン・レイアウト事例

    9F Entrance


  • 株式会社アトラエ vol.3 Work Space デザイン・レイアウト事例

    Work Space


  • 株式会社アトラエ vol.3 Work Space_2 デザイン・レイアウト事例

    Work Space_2


  • 株式会社アトラエ vol.3 Work Space_3 デザイン・レイアウト事例

    Work Space_3


  • 株式会社アトラエ vol.3 Stand MTG デザイン・レイアウト事例

    Stand MTG


  • 株式会社アトラエ vol.3 Work Space_4 デザイン・レイアウト事例

    Work Space_4


  • 株式会社アトラエ vol.3 8F Entrance デザイン・レイアウト事例

    8F Entrance


素材とデザインで、フロアごとに洗練されたオフィスを表現

求人メディアの企画や運営を行っている株式会社アトラエ様。今回は3回目となるオフィスプロジェクトにて、内装デザインや移転のお手伝いをさせていただきました。
オフィスはワークラウンジとワークスペースの2フロアに分かれており、状況に応じて自由に働ける空間構成。空間の主役であるビッグカウンターがあるラウンジには、会議室や広々としたソファスペースなどをレイアウト。ここは来客時の打ち合わせや食事会、社内外に貸し出すイベントなど多目的な交流を目的としたパブリックスペースとなっています。人数が限定されてしまうようなテーブルと椅子ではなく、気軽なコミュニケーションが生まれるように可動式の造作スツールを用意。高さの違いを出しつつ腰掛けることはもちろん、天板トレイとあわせることでディスプレイとしての役割も備えています。
一方、全体を白で統一したワークスペースは、木やタイルなどの異なる素材で違いを出す質感にこだわりながら、機能性に優れた造作デスクやスタンドMTGで社員が働きやすい環境を整えました。デザインと素材の組み合わせによって、フロアごとに異なる洗練されたオフィスデザインが生まれました。

CLIENT 株式会社アトラエ vol.3
BUSINESS 求人メディアの企画や運営
AREA 東京都港区
FLOOR 400坪
STAFF 100名
PURPOSE オフィス移転
PM 小西 基之
DESIGNER 小川 暢人 PROFILE

オフィスデザイン詳細

  • 空間の切り分けにも意匠を

    空間の切り分けにも意匠を

    ワークラウンジと通路の間には、空間の切り分けとしてレザールーバーをデザイン。ガラスや石などの硬質な素材を使用したカウンターと対比させるように、ルーバーには柔らかなレザーを使用。全体の高級感を揃えつつ、レザーならではの風合いがアクセントになるように意匠性にもこだわっています。


  • 凹凸で魅せる素材の表情

    凹凸で魅せる素材の表情

    柱部分は洗い出し仕上げで凹凸を出し、不燃木の壁はディスプレイ枠に合わせた横のラインでそれぞれ表情をつけた会議室。シンプルな空間の中にも、仕上げ方法や素材の組み合わせ方など、さりげないデザインがしっかりと生かされています。


  • シートで隠さない

    シートで隠さない

    一般的に個室を見えなくする=シートとなりがちですが、ここではアンティークガラスを使用。デザインガラスが持つ、素材本来のゆらぎ感が空間の中のプライバシー性を高めています。フレーム部分は黒革風塗装で、独自の装いがアンティークガラスとも相性抜群です。


その他オフィスデザイン事例