株式会社未来ボックス

  • 株式会社未来ボックス Work Space デザイン・レイアウト事例

    Work Space


  • 株式会社未来ボックス Work Space_2 デザイン・レイアウト事例

    Work Space_2


  • 株式会社未来ボックス Work Space_3 デザイン・レイアウト事例

    Work Space_3


  • 株式会社未来ボックス COUNTER デザイン・レイアウト事例

    COUNTER


  • 株式会社未来ボックス Work Space_4 デザイン・レイアウト事例

    Work Space_4


  • 株式会社未来ボックス Work Space_5 デザイン・レイアウト事例

    Work Space_5


  • 株式会社未来ボックス Refresh Space デザイン・レイアウト事例

    Refresh Space


  • 株式会社未来ボックス Work Space_6 & Entrance デザイン・レイアウト事例

    Work Space_6 & Entrance


開放感のあるオープンオフィスで窓からの眺望を楽しむ

AR技術を生かした企画開発、WEBやアプリケーションなどの幅広い事業展開を行う株式会社未来ボックス様。横浜港を一望できるみなとみらいエリアにオフィスを移転しました。内装にガラスを使用し、オープンスペースが作り出す視覚的な開放感を大切にしたオフィスデザインです。作業内容に合わせてエンジニアとビジネス部門のメンバーで空間を分けながらも、ガラスで仕切ることで互いを意識し、全体で一体感が出るようなレイアウトを整えました。
その他にも、集中ブースとソファスペースで自然とオン・オフができるようなメリハリのある環境を促します。中央に配置したカウンターで社内交流を活性化させるオフィスデザインができました。

CLIENT 株式会社未来ボックス
BUSINESS AR技術を生かした企画開発、WEBやアプリケーションなど
AREA 神奈川県横浜市
FLOOR 100坪
STAFF 60名
PURPOSE オフィス移転
PERIOD 4ヶ月
SERVICE オフィス移転業務全般
PM 西 胤也
DESIGNER 小川 暢人 PROFILE

その他オフィスデザイン事例