ワークスペースのデザイン・レイアウト事例

ワークスペースのレイアウトは、集中やコミュニケーションをキーワードとした働き方や部署間での連携を課題検討してオフィスレイアウトに反映されていきます。現代では働き方が大きく変化し多様な働き方が求められることも多くなり、その中で個々の生産性を上げイノベーションを起こすことが働き方改革へと繋がります。働く人のニーズに合わせフレキシブルな働き方を追求する上で、オフィスデザインは最も必要なツールのひとつと言えるでしょう。最近ではワークスペース内のデザインや機能面での要素を重要視する企業も増えており、さまざまな形でアイディアを取り入れています。WORK KITではスタートアップの企業から100名を超える大企業など、オフィスデザインでお手伝いさせて頂いたワークスペースの事例をいくつかご紹介いたします。

  • 株式会社HBAZワークスペース
    株式会社HBAZワークスペース

    落ち着いた空間で集中力アップ

    壁面に向いたデスク配置は集中力アップに繋がることはもちろん、限られたスペースを有効活用した奥行き感のある空間になります。全体は落ち着いたグレーで統一しながらも、さまざまな素材のグレーを使うことによって、素材の質感や表情が楽しめる空間です。あえて躯体本来の味を活かした天井が、対照的なアクセントになっています。

  • 日本電信電話株式会社 横須賀研究開発センタワークスペース
    日本電信電話株式会社 横須賀研究開発センタワークスペース

    ちょっとした自分だけのスペースを

    フリーアドレス席の場合、周りからの視線や隣の人との距離感が気になるという方も多いのでは? でも、このファブリックパネルがあれば周りからの視線を遮り、ちょっとした「自分だけのスペース」が作れるので安心です。女性の人でも簡単に取り外しができ、移動する際もスムーズです。優しい色合いのファブリックがデザイン性を高め、ワークスペースに自然と馴染みます。

  • 株式会社NTTデータMSE Yokohama Officeワークスペース
    株式会社NTTデータMSE Yokohama Officeワークスペース

    整理整頓や働きやすい空間を社員みんなで作る

    フリーアドレス型のワークスペース。オフィスの中央に個人収納ボックスを配置し、意識的に整理整頓を促す空間になっています。自席とは異なる働くスポットを周辺に用意し、働く人たちのコミュニケーションを誘発させます。またオフィスデザインをする上で、需要が高いのが集中ブース。個室ではなく、ちょっとした”おこもり”スペースは周りとのコミュニケーションを一時的に遮断し、1人仕事に専念できるというメリットがあります。

  • H¹T Shinagawa Officeワークスペース
    H¹T Shinagawa Officeワークスペース

    シーンに合わせた使い方ができるシェアオフィス

    一人ひとりの人生の豊かさや人間らしさを大切に考えられたヒューマンファーストタイム。ここは、さまざまな働く人のニーズに応えたサテライト型のシェアオフィスになっています。オープンスペースやミーティングブース、個室なども用意してあります。スマートフォンで簡単に予約ができる点も、効率的に働ける嬉しいポイントです。

  • 東洋アルミニウム株式会社ワークスペース
    東洋アルミニウム株式会社ワークスペース

    一人ひとりが働きやすい空間を整える

    一人ひとりの自席を確保しながら、窓際にはスタンドMTGやボックスソファなどを配置。オープンスペースでは、会議室のように予約状況による時間制限がないため効率的に仕事が捗ります。一人で作業するための集中ブースには、コクヨの「ing」チェアを導入。前後左右360度に座面が動く革新的なオフィスチェアで、新しいアイデアも生まれることでしょう。窓からの眺望を活かした明るいワークスペースになっています。

  • 公益財団法人日本陸上競技連盟ワークスペース
    公益財団法人日本陸上競技連盟ワークスペース

    素材や意匠性にこだわったホワイトオフィス

    今までのオフィスを一新するために、フリーアドレスを導入したワークスペース。内装素材やデスクの天板、整理整頓を促す個人ラックなどのトーンを揃えながら、色数を少なくして意匠性にこだわった空間です。セイルチェアのメッシュ状の背もたれも、オフィスに抜け感を演出するポイントになっています。

  • 株式会社BlueMemeワークスペース

    働く場所を限定しないオフィスデザイン

    エントランスから一直線に延びる動線を基準に、ワークスペースのすぐ隣には突発的な打ち合わせにもスムーズに対応できるブースを配置しています。働く場所を限定しないことで、自由な使い方が可能。セミナーや社内イベントを行うことが多いため気軽に集まれ、多様な用途に応じた使い方ができるオフィスデザインです。

  • 株式会社バンダイナムコセブンズワークスペース
    株式会社バンダイナムコセブンズワークスペース

    公園をイメージしたワークスペースで気持ち良く働く

    気持ち良く働けるようにグリーンと白を基調に「公園」をイメージ。天井のLED照明も通常の2倍ほど設置しているので、より明るい空間になっています。メイン動線を挟んで社員席と役員席を分離。それぞれ確立した席を設けた方が相談しやすく、コミュニケーションも円滑に図れるようになります。

  • 株式会社トラストネットワークスペース
    株式会社トラストネットワークスペース

    フリーアドレスだからこそ居心地の良い空間を

    造作テーブルとオフィスチェアで無駄のないシンプルなオフィスですが、落ち着いたトーンの内装が居心地の良い空間を作り出しています。オフィスデザインの限られた空間の中で社員のモチベーションを上げるためには、マテリアルに重視した環境作りが最も有効的でしょう。

  • 株式会社アトラエワークスペース
    株式会社アトラエワークスペース

    社員が働きやすい環境

    フリーアドレス型のワークスペースは、社員が働きやすい環境を大切にしています。会議室に行かずちょっとした打ち合わせがすぐにできるように、デスク近くに打ち合わせスペースを配置。奥にはテラス席もあり気分を変えストレスフリーに働ける環境になっています。スケルトン天井でより開放的で明るく、造作ダストボックスの水色が効果的なワークスペースです。

  • 株式会社サイバーコンサルタントワークスペース
    株式会社サイバーコンサルタントワークスペース

    インダストリアルなワークスペース

    照明と棚が一体になった造作デスクは頭上に書類や必要なものを収納し、デスク周りを整理整頓させることによってフリーアドレスの収納問題を解消。インダストリアルな空間に合わせた木と金網でデザイン性の高いワークスペースを作り上げています。金網は即席のコートハンガーやディスプレイとしての役割など柔軟な使い方ができます。

  • 株式会社ENERGIZEワークスペース

    素材と機能をシンプルに整えたワークスペース

    白のシンプルな空間にイエローのアクセントカラーを取り入れたことによって活気が現れるワークスペース。デスクはオーダーのフリーアドレステーブルに全席アーロンチェアと質感の高いワークスペースとなっています。ワークスペースに極力収納を置かないことで、片付ける意識と清潔感を保っています。

  • 株式会社ファーストアクセスワークスペース

    モダンなオフィスで落ち着きを

    オフィスの照明は暖色で柔らかい感じの照明にし、濃いトーンの木色でまとめたデザインは、クラッシックやジャズが流れていてもおかしくない様なモダンなワークスペース。静かで落ち着いた環境で作業がはかどりそうです。

  • 株式会社一蔵ワークスペース

    床のアクセントで明るい執務に

    床の配色に動きのあるカーペットを使い、デスクや収納の天板に淡い木色を取り入れたことにより、シンプルでも殺風景にならないワークスペースを作りました。ゾーニングとして窓面に執務環境を配置することは出来なかった分、こうした色使いでカバーすることにより明るい雰囲気を保つことが出来ました。

  • 株式会社アトラエワークスペース
    株式会社アトラエワークスペース

    まるでコーワーキングスペースのような環境で

    オフィスの白家具をなるべく使わずにワークスペースを作る。アンティークな家具や所々に植栽やインテリア雑貨がコーディネートされている環境はコーワーキングスペースのような趣きとなりました。白系の多いオフィスと異なる意識も生まれる空間です。

  • 株式会社パック・エックスワークスペース

    ワークスペースに動きを作る

    定番のスクエアータイプやサークルタイプ、またカウンタータイプなど、形状の異なる様々なフリーアドレスのデスクを用意することで日々の選択肢が生まれます。様々なプロジェクトワークに必要な機動力のあるオフィス環境となりました。

  • 株式会社サイバー・バズワークスペース

    活気が大事

    ワークスペースには活気溢れるコミュニケーションが大切。各自の結果が見えたりできる工夫も見通せる執務環境。賑やかだからこそ会話が潤ってそこからアイデアが生まれて新サービスにつながるなんてこともあるような環境です。

  • 株式会社ギフトワークスペース

    個別の制作業務が中心です。

    組織としてワークスペースは必要だけれども、個別の制作業務が基本となる職場。向かい合うアイランド型のオフィスレイアウトではなく、個別壁面に向かったデスクを配置。照明や質感・家具にこだわることで落ち着きと機能を作りだしました。それぞれを席をブースにしないところは組織としての動きも重要視することを反映した結果です。

  • NHN テコラス株式会社ワークスペース

    見通しの良いワークスペースで一体感をつくる

    およそ600席からなるワークスペースは端から端まで40m程度を見渡せて一直線に歩けるメイン通路をつくる。ワークスペースをレイアウトする際に、どんなに人数が増えても面積の許す限り見える化できるワークスペースを保つことは、いくらインフラが整っていても大切な要素となっていることはどの会社も共通のようです。

  • Quipper Ltd Japan Branch Officeワークスペース

    DIYで作るワークスペース

    床も壁も家具もすべて自分たちで塗ったり組み立てたり。このタイミングの規模だからこそこうした試みができるできる。みんなでアイデアを重ねてみんなで手を動かしてできたワークスペース。とても愛着の湧く空間になるのではないでしょうか。

  • 株式会社マイクロアド(土俵)ワークスペース

    さて、どんな気持ちで働くのでしょう

    ワークスペースの中央にリアルサイズの土俵を設置。この上で一つのチームが日常業務をします。見られる気分や見渡す気分、緊張感や役割が執務空間に広がります。自分たちチームの実績や周りのチームの状況が番付やこんな形で見える化できるオフィス。少しゲーム感覚で業績を生み出せるようなオフィスです。