blog


オフィスデザインが企業実績に繋がる大事なポイント

コロナ禍が広まり、働き方の変革がスタートしてから早4年。それまでは同じ時間帯にオフィスに出社し、肩を並べて働くことが当たり前でしたが、近年急速に変化してきています。様々な働き方が登場し、オフィスの在り方や考え方が見直され、企業にとってオフィスを今後どのように活用してゆけばよいのか?、と大きな判断を強いられています。

オフィスは単なる「仕事をする場」だけではなく、クリエイティブなアイデアを創造するための仕掛けや社員のモチベーションを向上させる「新たな場」へと変革してゆかなければなりません。そのような「新たな場」へと進化させるために、空間としてのオフィスの可能性についてご紹介してゆきたいと思います。

Report Guide

読むデザイン

私たちのワークスタイルは職種や環境などによって大きく変化します。
その中でオフィスデザインは視覚的な意匠性をはじめ、機能や設備を考慮したゾーニングやプランなど、常に働く人々に寄り添った考え方が求められます。WORK KITでは、これまでのオフィスデザインの事例と共にあらゆる視点にフォーカスしながら”働く”を紹介します。

オフィスデザイン関連記事