ワーカーが自由に働く場所を選択できるオフィスデザインが増えている昨今、電源コンセントは必要不可欠。今回は多様な働き方にあわせて、気軽に持ち運ぶことができるポータブルバッテリー「OC(オーシー)」をご紹介します。

 

img1_pc

見た目はシンプルかつ落ち着いたマットな質感で、洗練された佇まい。「OC」はオカムラ(Okamura)の充電器(Charger)の意味のほか、ワークプレイスを「選べる(Choose)」、ワークスタイルを「変える(Change)」という意味があるそうです。

 

img_04

バッテリー本体は置くだけで充電可能で、バッテリー容量はノートパソコンで3.5回分(50Whの場合)、スマートフォンで14回分の充電ができます。電源コンセントの設置が少ない場所や配線が難しい場所でも、1日の仕事に必要な電力が確保されているので心配いりません。複数人での使用はもちろん、4口の給電口(USB)からさまざまなデバイスへの充電も可能です。

 

img4_pc

ワーカーはチャージトレーからサッと持ち出して、働く場所に応じて気軽に持っていくことができます。バッテリーの重さは1.9kgと軽量なので、女性でも問題なく持ち運びできるのは嬉しいポイント。

 

kv_pc

ホワイトとブラックの色展開の他にも2タイプの持ち手が用意されており、手がふさがっていても持ち運びやすいように腕を通せる“ハンドルタイプ”と、指を通すタグが付いた“タグタイプ”があります。タグタイプは高さのあるハンドルをあえてなくすことで、よりスタイリッシュでインテリアにも自然に馴染みます。

 

sld12_211109

電源コンセントが必要な場合、床・電源工事とコストがかかります。「OC」があればコストを抑えるだけでなく、床配線もなくスッキリとしたオフィス環境が整います。新たな電源コンセントとして、注目してみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせはこちらまで

 

 

リモートワークが急速に進む中で、オフィス内での働き方にも変化が生まれ、それにあわせる形でオフィス家具にも変化が起きています。今回はその代表的な家具となる集中作業やリモート会議などに利用できるソロワークブースを紹介します。

 

t010000012917okamura_drape

セミクローズブース OKAMURA  – drape –

吸音パネルでできたワークブースは1㎡と省スペースに設置ができるので、手軽に導入することが可能です。またスタンドタイプもあるので、気分を変えて立ちながらの集中作業やリモート会議での活用ができます。

 

 

itoki_intent

ソファーブース ITOKI – inTent –

正面が開けたソファータイプのブースは窓側に設置することで、外の景色を眺めながらリラックスして使えるアイテム。電源やUSB端子も備えているので充電切れの心配も無用です。

 

 

KOKUYO_WORKPOD_2

フォーンブース KOKUYO – WORKPOD –

密室性が高いながらも換気性も優れたフォーンブースは、周りを気にせずリモート会議に参加ができます。遮音性が高いのにも関わらず、ガラスを中心に構成されているので圧迫感を感じにくい優れものです。

 

このほかにも集中作業やリモート会議に使えるソロワークの家具は種類も充実していて、それぞれ特徴を持っています。環境に合わせた家具を選定することで、効率的な働き方のできるオフィスにしましょう。

 

お問い合わせはこちらまで

会議室の基本として必要なのはテーブルとチェア。機能面だけを考えればそれで十分かもしれませんが、せっかくならプラスαの個性を演出したいとは思いませんか?ここでは、会議室をアップデートするために取り入れた”グラフィックアート”をご紹介。グラフィックアートは、会議室という主役を引き立たせる魅力的な存在です。

 

forstartups_017forstartups_016

太さやカラーで遊ぶ

モノトーンを中心とした中にロゴで使用されているコーポレートカラーをアクセントに混ぜたノイズアート。突板張り木目残し塗装仕上げで、太さの違いや凹凸が与える陰影がデザイン性を高めています。

 

 

forstartups_025forstartups_024

形がポイント

コルク素材の吸音効果のあるヘキサゴン型グラフィックアート。特徴的な形を活かしたレイアウトを楽しみつつ、一般的な会議室にもしっかりとした個性を与えてくれます。

 

 

linkties_035 linkties_036

静的美しさが空間に溶け込む

圧縮された木片の独特な素材感のあるOSB合板、スエードのような柔らかな手触りのウルトラスエードをそれぞれ使用したグラフィックアート。マテリアルが持つ本来の魅力と静的な美しさが、シンプルなオフィスに溶け込んでいます。

 

 

Atrae_tokyo_office_069Atrae_tokyo_office_068

家具とリンクさせる

ここでのオフィスは社内外で打ち合わせする頻度も高く、会議室のテーブルとチェアにもこだわっています。そのためここでのアートグラフィックはあまり主張させず、セレクトされた家具それぞれの色や形、素材などとリンクさせて表現。統一性を感じさせながら、”繋がり”をもたせたディテールが空間演出をより印象的なものにしてくれます。

 

 

WORK KITでは、造作家具と植栽を組み合わせた提案も増えてきました。造作家具と植栽の良いところどりをすると、空間づくりのアクセントになることはもちろん、一石二鳥の効果も生まれるかもしれません。今回、オフィスの事例から ORIGINAL + GREEN のアイデアデザインをご紹介します。

 

JGIA_016JGIA_019_tate

デッドスペースにアクセントを

自席を離れてちょっとした気分転換をする、軽い打ち合わせをするなどとしてオフィスデザインの中でもニーズの高いボックスソファ。デッドスペースになりがちな上部に、アクセントになるような植栽を取り入れました。柔らかな素材と植栽が、アースカラーを貴重としたオフィスデザインに自然と馴染みます。

 

 

nomura_fudosan_019nomura_fudosan_017

植栽が映える

全体的に造作家具が多いオフィスに植栽をポイントとして加え、印象的な空間をデザイン。立体的なグリーンウォールは、内装材とは異なる表情や癒やしの効果も与えてくれます。ナチュラルな色合いの造作家具と壁に走るアクセントカラーのコントラストが、グリーンウォールをより引き立たせています。

 

 

7andinm_0037andinm_005

自由に腰掛けられるのが嬉しい

オフィスを訪れた際に通されることの多いラウンジスペース。一般的には待合の役割も兼ねたスペースになっていますが、雰囲気によっては腰掛けることをためらうこともあるのではないでしょうか。ここでは、”気軽な交流ができる場”をコンセプトに植栽をシンボルにしたエントランスラウンジを設計。社内外の人々も自由に腰掛けることで、偶発的なコミュニケーションを狙っています。